荻窪百点の記事

TOP > 荻窪百点の記事 > 荻窪百点292号編集後記「ゼロのルーム」

荻窪百点292号編集後記「ゼロのルーム」

イベント情報

★ここのところ、荻窪百点は毎号、特集でまとめてきている。きっと皆さん、前もって編集企画を決めて...と思われるだろうが、実際は、頭を悩ましながら決めていく。今回もカラー頁を何にしょうか?に始まり、「平和のためのポスター展」と決めてから、たまたま「十二月八日・太宰治戦時著作集」の新刊紹介を、そして今年は「杉並区平和都市宣言25周年」なので、急きょ、考えた特集だった。

 

★よみうりカルチャーの「荻窪の歴史散歩」の講座では、いつも「荻窪は戦争と大きなかかわりをもってきた街」と話している。それで、その中から秘話を...と思いついた。さらに、内容に変化をもたせるために体験談を添える。それが、特集「戦争と荻窪」となった。一緒に学童疎開をした桃二の友達に執筆を頼んだり、以前取材した作家にお願いして...。皆さん快く引き受けていただき有り難かった。

 

★「特集」となると、そのテーマに各記事が何らかの関連性をもつことが必要だ。今回は、事前に関連資料、情報があって企画したのではないが、幸いに考えていくと荻窪関連の内容が次々と芋づる式に出た。桃二の学童疎開先の別所に北向き観音(常楽寺)がある。住職が世界平和大会をすすめていると知った杉並区公民館館長で原水爆禁止署名運動をすすめようとしていた安井郁さんは、ご縁として、すぐに会いに行き署名運動へと展開できた。今回は記事にしなかったが、全て「歴史とご縁」。

 

★杉並区が大きな街づくりに取り組んでいる。地域ごとに説明し意見を求め、全国に発信した「街づくりアイデアコンペ」などと、すすめてきた杉並区は、いよいよ6月29日には「荻窪まちづくり会議」を設立して単なるアイデアとかご意見下さいだけでなく、具体的に計画をすすめる段階へと入った。今回の街づくりは、言うなれば、「荻窪の街特集」だ。街の個性化のために、ハードもソフトも、昔も今も、街づくりのいいご縁でつなぎ、力を集めて街を発展させてほしいものである。

 

(松葉襄)

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

☆ 「荻窪百点」293号、編集すすんでいます!

  ご予約は編集室まで 03-3391-5114 

  

☆ 年間購読(2400円送料込)も承っております

 1年間、まるごと荻窪を知ろう!

 

☆ ご意見、ご感想、のせたい情報をどうぞ

  info@ogikubo100ten.co.jp

 

 

 

 

 

 

  • 2013年09月08日
  • コメント(0)
  • トラックバック(0)

コメント(0

コメントはこちらから

トラックバック(0

■この記事のURL
http://www.ogikubo100ten.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/48
■この記事にトラックバックして頂いた皆さん
荻窪百点292号編集後記「ゼロのルーム」 from 荻窪百点の記事
前に戻る トップページへ戻る ページの頭に戻る
 
a